株を買う以前の事

3ヶ月毎に歯科に通院しています。さいれんです。

約30年前、高校生でした。
当時は日本中が好景気に沸いており
日経平均は右肩上がりで
財テク、地上げなどの言葉があふれていました。

NTT株が上場して株ブームに拍車がかかったのもこの頃です。
バブルという言葉はありませんでした。

当然金はありません。
新聞の株価欄を眺めて「いつか株で大金持ちになってやるー」と
思っていました。

◎就職

高校卒業後に実家を出て機械関係の工場に就職しました。
当時の給料は13-14万だったと思います。

会社には社員寮があり、寮費は1万数千円でしたが
若手にはムチャクチャありがたかったです。

車必須の地域だったので、みんな車を所有していました。
同僚はソアラやスカイラインをローンで購入していましたが
私は中古の軽自動車を一括購入です。

元々節約志向で物欲もないので少しづつ貯金していきます。
ボーナスはほぼ全額貯金。
目標は株を買う資金を貯める事!

◎証券口座開設

就職してから数年後、ようやく軍資金ができました。
野村證券の支店の窓口に口座開設に行きました。
インターネットが無い時代はこれが普通だったんです。

最初に買った銘柄は「住友建設」現在の三井住友建設ですね。
選んだ理由は…忘れました!559円で1000株、手数料は6620円(高!)
(私、売買記録は全てエクセル上で管理しているんです。)

注文は電話です。四季報はあったんですが最新のチャートが見たい時は
野村證券に電話して印刷してもらったチャートを郵送してもらいました。
今では考えられないですね。

その後「住友建設」の株価は下がり続け半年後520×1000株、
さらに1年後450円×2000株ナンピン買いします。
最終的に最初に買ってから2年後に710円で全4000株売却に成功して
約77万円の利益を得ます。デビュー戦は大成功。
最初は大事ですよ。

もしここで失敗していたら株はすっぱりやめていたかもしれません。
株中毒人生の始まりです。

 

コメント